見えない矯正で周りの人に気づかれないでなおせます

care_01

見えない矯正で周りの人に気づかれないでなおせます

【リンガルブラケット】歯の裏につける見えない装置

現在、当院では成人の患者さまの約3割がハーフリンガル(上顎だけ歯の裏につける装置)を選択しています。上の写真はハーフリンガルの患者さまです。

上の歯についている装置は裏についているので、もちろん見えませんが、下の歯も下唇で隠せるので写真のようにわかりづらくなります。

 

院長自身、小学生の時と医局員時代の2回表側の見えるところに矯正装置をつけていたので、見える装置がイヤなことをよく知っています。

矯正治療中、知らない人と会話をした時に気がつく瞬間があります。

例えば、どこかの店員と会話をした時、店員の視線が口元にいき、会話をしながらまた視線が口元にもどってくる感じ、あっ今装置に気がついたぞとわかります。

それが重なるとだんだん矯正がイヤになってきます。

小さな話ですみませんが、見える装置というのはそんなものです。

 

歯の裏に装置をつけるリンガル矯正なら、まず気がつかれることはありません。

ただ、リンガルはリンガルでツラい部分もありますので、もう一度矯正治療するとしたらリンガルでやるかといえば、悩むところです。どの程度隠したいのかで選択します。


 

 

care_02

【クリアブラケット】白いプラスチックでできた装置

表側の装置を選択された場合、すべての患者さまに白いプラスチック製の装置を使用しています。

ワイヤー部分は金属が見えてしまいますが、歯の裏につける装置に比較すると違和感は少ないです。

写真のように白いワイヤーを使用すれば、さらに目立たなくなります。

ただし、コーティングが剥がれますのでワイヤーの交換頻度が増えるという問題があります。

 



インビザ.2jpg インビザ

【インビザライン】マウスピースタイプの装置

当院ではマウスピースタイプの矯正治療も選択可能です。

まだ歴史の浅い装置ですので慎重に取り扱ってまいりましたが、いい結果が得られているので積極的に取り入れる方針です。

 

インビザラインの利点

●透明で目立たない

●取り外しが可能なので衛生的でブラッシングが楽

●金属アレルギーの心配がない

 

インビザラインの欠点

●取り外しできるので使用をサボることができてしまう

●比較的高価

●症例を選ぶ(抜歯症例には不向き)

 

初診カウンセリング資料請求
PAGETOP