歯列矯正治療

1. 電話予約

2. 相談(初診時)予備検査

矯正治療についての説明や治療方針を簡単に説明をします。正確な費用の提示を希望される場合は簡単な予備検査をします。

3. 治療費用見積もり提示と診断

使用装置や期間、費用の見積もりを提示し、実際の症例写真で説明をします。

4. 精密検査

使用装置や期間、費用に納得いただき治療の希望があった場合、精密検査をします。矯正治療中に虫歯をつくらないための唾液検査や骨格の検査をします。 (レントゲン写真)

5. 検査結果説明

唾液検査と骨格検査の結果を説明し、治療目標を提示します。予防プログラムを提案します。ミュータンス菌が多い時には3DS(ミュータンス菌の除菌治療)を先に行います。(予防プログラム、3DSリンク)

6. 装置装着

いよいよ矯正治療の開始です。矯正治療に使用する装置を1〜3回に分けて装着します。

7. 装置装着後のブラッシング指導

装置装着によるお口の中の環境変化に応じたブラッシング指導を行います。また、定期的にPMTCも行います(PMTCをご参照ください)。

8. 歯の移動

通院間隔は約1ヶ月に1回です。治療期間は年齢や難易度によってちがいますが、成人のでこぼこな歯並びの治療で約1年半から2年半くらいになります。

9. 保定期間(安定させる期間)

動いた歯を安定させるため、保定床(リテーナー)という装置を使います。取り外しのできる透明な装置でほとんど目立つことはありません。期間は1.5〜2年くらいです。通院は3〜6ヶ月に一回となります。(写真)

10. アフターケア

通常は年2,3回ほど定期検診をしています。

 

初診カウンセリング資料請求
PAGETOP