院長プロフィール

古町 瑞郎 古町 瑞郎(ふるまちみつろう)
日本矯正歯科学会認定医

 

略歴
1991年3月  岩手医大歯学部卒業
1991年4月  岩手医大歯学部歯科矯正学講座入局
1996年10月 日本矯正歯科学会認定医取得
1998年6月  岩手医大歯学部歯科矯正学講座退職
1998年6月  菜園矯正歯科クリニック開設
2001年10月 日本矯正歯科学会認定医更新


矯正治療の思い出

私自身2度の矯正治療経験があります。最初は小学生のときです。永久歯を3本抜歯しました。抜歯のために通院するのがイヤで、途中で寄り道をして予約時間から1時間も遅れて歯医者へ行ったのを覚えています。

マルチブラケット装置もつけましたが、ブラッシングが不良でむし歯だらけになってしまいました。なおした歯並びを維持するためのリテーナーもほとんど使用せず、後戻りも経験しています。結局、最後まで治療は続かず、今考えると最悪の患者でした。

自分の後戻りしてしまった歯並びを再度矯正治療をしたのが25歳(入局後)のときです。親知らずもありましたので、永久歯をさらに5本抜歯しました。合計8本の抜歯です。

年齢的に無理といわれていましたが、上顎の骨を拡大する急速拡大装置にチャレンジして歯が脱臼して失敗したこともありました。

自分で自分の治療をよだれをたらしながらするのが大好きで主治医にイヤがられたりしました。でも、装置がはずれた日は本当にうれしくて1日中ニヤニヤしていたものです。20年たった今でもあの感動は忘れません。

なぜ開業したのか?

患者の立場から逆に治療を行う立場になり、自分と同じようなイヤな思いをできるだけしなくてすむように努力したつもりです。口をすっぱくして歯みがきがんばれと言いました。

しかし、中には治療中にむし歯だらけになってしまう患者さんもいて、とても悩んでいました。そんな入局5年目のときに出会ったのが熊谷崇先生の「クリニカルカリオロジー」という本です。

熊谷先生は山形県酒田市で開業している歯科医師ですが、積極的に予防に取り組み、酒田市のむし歯を劇的に減らしただけではなく、今や予防の実践については日本でも第一人者です。

その本では矯正治療もむし歯を予防していくために必要な治療として行われていました。従来の「削って詰める」を繰り返す治療から、「どうしたら一生歯を残していけるのか」について書かれていました。まさに目からウロコが落ちるようでした。

それまでは矯正治療の勉強しかしていなかったのですが、それからは予防関連の本を買いあさり、あらゆる予防の講習会に行きました。「きれいな歯並びをつくること」が自分の仕事だと思っていましたが、その本を読んでからは「一生自分の歯で過ごしてもらうこと」が最終的なゴールに変わってしまいました。

そのためには従来のように「むし歯の予防=歯みがき指導」ではなく、歯科医院としてのシステムがとても重要だと考えるようになりました。大学にいてはそれができません。そこで、約8年間在籍した矯正科を辞め、平成10年に予防と矯正をメインとして開業することにしました。

自分の子供達の矯正治療

自分の子供達の矯正治療も経験しました。上の子は小学生の時に顎を拡大(急速拡大)しました。下の子は中学に入ってから顎を拡大(急速拡大)しました。

慣れるまでは発音が舌足らずになってしまうことや食べるのに時間がかかるようになってしまったり、いろいろと大変なことを身をもって経験しました。

部活や習い事をしながらの矯正治療もなかなか大変です。平日も夜の練習、土日は大会でなかなか通院も大変なことに気がつきました。

歯が全部そろっていない時期ですし、完璧な歯並びを目指していたわけではありませんので、二人とも4ヶ月だけで終わりました。

反抗期になると子供達は急に言うことをきかなくなってしまいます。二人とも反抗期になる前に最小限の治療で済んで良かったと思います。

自分や家族の矯正治療の経験というのはとても大きな経験です。なぜなら自分で無理なことを患者さまに押しつけなくなるからです。

成長が終わってから矯正治療をすべきという考え方もありますが、自分の経験から、まだ部活がなくて、そして親の言うことをきく小学生のうちにある程度矯正治療をすすめる方がいいと考えるようになりました。成長が終わって悪くなったら、再度治療をすればいいのです。

子供達には個性があり、ご両親の考えもありますので、それぞれのライフスタイルに合わせた矯正治療プランを提案していきたいと思います。

 

これらの経験を生かして、一人でも多くの患者さんに喜んでいただきたい。そう思いながら働いております。

当院の歯科衛生士3名は全員が矯正治療経験者です。何かききたいことがありましたら気軽に声をかけてください。

 

初診カウンセリング資料請求
PAGETOP